誕生日にプリザーブドフラワーが選ばれる理由

今となってはギフトの定番の1つともなったのがプリザーブドフラワーです。



特に女性から多くの人気を集めており、誕生日や母の日など、特別な日にプレゼントする男性も少なくはありません。

そもそもプリザーブドフラワーとは、特殊な溶液に生花を浸し、水分を抜き取るよう加工したものを指します。

そのため造花とは違い生花の鮮やかな色や質感はそのままなのに半永久的にその花を楽しむことができるというのが特徴です。
この加工はとても特殊であるが故にプリザーブドフラワーとはとても高価なものでした。

登場してすぐは上流階級の観賞用などでしか利用されませんでしたが、その加工技術が広まったことによって、今日のように誕生日などのギフトにも利用できるほどの価格帯となったのです。


プリザーブドフラワーが人気なのは、花を半永久的に楽しめるという点だけではありません。日本人特有の繊細なアレンジ技術が加わり、ギフト用として販売されているものは花を使って様々なアレンジを施しています。

一般的なのはガラスの容器に花や葉をあしらったものや、フォトフレームやオルゴールなどの特定のBOXの中にアレンジを施すなどのものがあります。

47NEWSの情報を求める人におすすめのサイトです。

プリザーブドフラワーは様々な色・種類の花で作られていることから、誕生日にはその人の誕生花であったり、その人が好きな花でアレンジされたものを選ぶという人がたくさんいます。



母の日であれば赤いバラやカーネーションなどのアレンジが人気です。


top