プリザーブドフラワーをインテリアとして楽しむ

プリザーブドフラワーとは、保存された花を意味します。

花の水分を抜くことで、美しい状態で保存し、長期間楽しめるように加工してあります。



特別な染料を用いて作られる為、生花にはない豊富なカラーバリエーションを楽しめます。

枯れることもなく、水やりの必要もないことが大きな特徴です。
ドライフラワーよりも、耐久性があり、鮮やかで美しい色合いです。

見た目が生花と変わらない上、美しさを長く保つことが出来ます。
枯れない美しさがある為、インテリアとして、リビング等に飾っている人も多いです。


プリザーブドフラワーは、高温多湿を嫌います。

プリザーブドフラワーのお役立ち情報はこちらのサイトです。

花びらがひび割れしたりして、支障が出てきます。
夏場の日中は、クーラーのある場所で保管することをお勧めします。

又強い光が当たると、色あせの原因になりますので、直射日光の当たる場所は避けましょう。

プリザーブドフラワーの近くに、除湿剤やシリカゲルを置くと長持ちします。フレームやクリアケース等に入れて飾ると、埃よけにもなりますし、永く楽しめます。

只、時が経つにつれて色落ちはします。
色落ちや形崩れが気になったら、変え時です。

リクナビNEXT JOURNALはこちらのサイトで情報公開中です。

プリザーブドフラワーに魅せられた人は、ほとんど市販の物を購入します。オークションで手に入れる方法もありますが、思い通りの価格で落札出来るとは限りません。ハンドメイドブームの昨今、専用の液と容器、生花で、手作りする方法もあります。力作をプレゼントしても、喜ばれるのではないでしょうか。

top